header-n2

むし歯の治療

むし歯の治療

こどもの歯(乳歯)のむし歯について

むし歯のきっかけになる菌は、赤ちゃんの時に周りの大人から移ってきます。
菌は生えたての歯の表面に定着し、かわいい歯でもむし歯にしてしまいます。
むし歯とは特殊な病気です。

  • 周りの大人から菌がうつる“感染症”
  • 日々の習慣が原因で起こる“生活習慣”
  • それに体質・遺伝的な原因が加わります
  • だ液・歯の固さ・歯ぐきの状態・歯並び・舌癖・口呼吸

「むし歯になっても乳歯だし、永久歯が生えてくるから大丈夫」と思っていませんか?

「むし歯になっても乳歯だし、永久歯が生えてくるから大丈夫」と思われているパパ・ママも多いのではないでしょうか?

それは間違いです。
子供(乳歯)のむし歯を放っておくとその子の一生に影響します。
実際、乳歯の時にたくさんむし歯がある子が永久歯になった時、むし歯になる本数が乳歯にむし歯のないの子の2倍という研究結果が出ています。(1998年小児歯科学会調ぺ)

そのほかにも・・・
永久歯の歯胚(歯の元となる種)が傷付いて、永久歯が変色する。
歯が動いて永久歯が変な場所に生えてくる。
永久歯が生えてくる前だからこそ、しっかりとした治療、予防が重要になってきます。

まずは、むし歯の治療を行います。

普通の小児歯科と同じように、治療を行います。

■当クリニックのこだわり

ダイヤグノデントと言う最新器具により、無痛でレーザ光線で虫歯の深さを知ることができます。
最新の歯科材料ドックスベストセメントにより初期虫歯を治したり、あまり削らずに治す方法があります。

■当院ではカリソルブ治療も行っています。虫歯部分に薬剤を塗布して溶かす治療法です。2007年に厚生労働省に認可された新しい治療技術です。(神経まで達した虫歯には使用できません。